太陽光パネルを設置している

太陽光パネルを設置している家をよく見かけるようになりました。

上手く発電してくれれば、電気代も不要になり余った電力は
買い取ってくれるので、これから太陽光パネルの設置を
考えている人もいるでしょうね。

でも太陽光パネルの設置はいいことばかりではありません。

今後、余力電力の買取価格が下がっていきますし、
発電量が減ってしまうリスクもあります。

発電量が減ってしまう原因としては、
家の周囲に高層の建物ができて、太陽光パネルに日光が
当たらなくなってしまうことが考えられます。

周囲に建物が今後立たないという保証はありませんからね。

自治体によっては高層の建物の建設が制限されている
地区もありますから、自宅の周辺はどのような制限が
あるのか調べたほうがいいかもしれません。

ただ、その制限がいつまでも有効だとは限りません。

ルールは変更されることがあります。

そのようなリスクを避けるためには、
周囲の土地も自分で所有する必要がありそうですよね。

 

 

 

 

広告を非表示にする