読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計的確率は

統計的確率は、実行する回数が少ないと数学的確率通り
にはならないということの方が一般的なんですね。とこ
ろが、コインの投げる回数を何百回、何千回、何万回と
どんどん増やしていくに従い、表の出る割合は数学的確
率である 2分の1に限りなく近づいていくんです。こ
のように、あることの実施回数を増やせば増やすほど、
統計的確率は数学的確率に近づいていくことを確率の大
数の法則と言うんです。これはあることを実際に、何度
も繰り返し実施してみたら、やはりそのことが起きる確
率は理論的に出した数学的確率に近くなるということな
んです。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする