読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調査によると

調査によると、1950年代にカラーの夢を見る人はあ
まりいなかったようです。つまり、50年ほどでカラー
の夢を見る人の割合が0%から85%にまで増加したわ
けなんです。これは、カラーテレビの、急速な普及も大
きく関係しているそうです夢に色が付くかどうかは見る
ものに大きく左右されるんです。カラフルなものを見る
機会が増えれば増えるほど、夢がカラーになる可能性が
高くなるんです。 1,950年代にはテレビも映画も
ほとんどがモノクロだったんです。現実の世界で目にす
るものも現在ほど色彩技術が進んでいなかったために色
のバラエティーはありませんでした。それが夢をモノク
ロに見せていたというんです。夢は全く自由なものです
から、 10人いれば10種類の夢はあってもおかしく
はありません。ところが、フロ.イトは、多くの人がおっ
てもよく似た内容の夢を見ることを発見したんです。そ
れが形夢です。その中でも、次の4パターンは特に頻繁
に現れる夢として有名となっています。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする