インフレ率と失業率の

インフレ率と失業.率の関係を1960年代から研究が進
んでいたフィリップス.曲線で表されます。過去100年
のイギリスのデータからインフレ率と失業.率のトレード
オフ関係が明らかになったんです。この60年代の曲線
を見ても失業.率が栄えるとインフレが加速し、インフレ
を抑えようとすると、失業.率が上がっていくということ
がわかります。ところがこのフィリップス.曲線は70年
代に入ると曲線ではなくくなってきました。ケイ.ンズは
想定していなかった時代が到来したんです失業.率が高い
上にインフレが止まらなくなっていたんです。これは景
気停滞下のインフレとして蓋グフレーションを言われて
います。これまでの経済には現れなかったのにグフレー
ションの状態になっていたんです。アメリカ国内は1,
960年代のベト.ナム.戦争で受けた財政的精神的なショ
ックの後遺症に加えて大きな政府になりすぎて、様々な
規制がありました政府の運営コストが高くなりすぎてし
まったんです。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする