読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価格は最終的に

価格は最終的に買い手と売り手の値段のキャッチボール
が落ち着くところで成立するんです。これとは反対に価
格が商品の供給不足や供給過剰をもたらすことがありま
す。しかし、この時も、企業と消費者のお互いが供給量
と需要をそれぞれ調整して納得のいく価格に最終的には
落ち着いていきます。この奇妙と消費者のお互いが納得
のいく価格の高騰を経済学では均衡価格と読んでいます。
均衡価格はある商品の市場において、すべての取引が成
立する価格。すなわち供給量と需要量が行き来する時の
価格です。このように市場経.済では価格が30消費の意
思決定に影響を及ぼして、その意思決定によって商品は
効率的に配分されるんです。今の日本はこの市場メカニ
ズムによる製材体制を採用しています。企業や個人が売
り手、買い手として自由に選択意思決定することで、資
源が効率的に配分されるシステムなんです。つまり、市
場メカニズムは他の経済大してに比べてコストがかかり
ません。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする