長期金利に上乗せする形で

長期金.利に上乗せする形で様々な金.利が決まっていきま
す。現在の多くの学者、政治家の見方は次の通りとなっ
ています。日本の国.債のほとんどは、日本人が所有して
います。国.債の保有状況を見ますと、政府資.金が3割強、
保険、年金は2割弱となっています。このために、すぐ
に借金を返せと言われる事はありません。そのため、今
日、明日に国家が破綻するといった事態には陥りません。
しかし、寄付するのは国.債を大量に発行することで国.債
の人気は低くなってしまい国.債価格が低下し始めること
なんです長期金.利が上がり始めてしまうとどうなるでし
ょうか。世の中の多くの金.利は長期金.利をベースにして
金融機関が自分達の利益分をそこに上乗せすることで金
利が決まっていきます。例えば、 1,970年代のア
メリカは、金.利が高く、長期金.利が10数%にまで上昇
したことがあったんです。その際には住宅.ローンの金.利
は20数%となり住宅.ローンを生む人がいなくなって、
住宅業界は冷え込んでケーキは悪化していってしまった
んです。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする